富良野・美瑛へゴーゴーゴー!

富良野・美瑛ドライブ+富良野移住を楽しむためのブログ





昔の列車がたくさんある!小樽市総合博物館・本館へGO!

 

f:id:horitaro:20180418220459j:plain

 

 

小樽市総合博物館って…なぁーに?

 

先日、小樽の穴場スポット・北運河周辺をドライブしました。

 

www.takehiro555.site

 

今回(2018年4月18日)は、小樽市総合博物館までドライブです。

北運河からは近くて、歩いても10分くらいの場所です。

 

前回のドライブで、総合博物館も周ろうと思ったんですが、天気が悪かったのと、時間がなかったので、断腸の思いで断念!?( ゚Д゚;)

とても心残りだったので、また小樽に来ちゃったわけです。

札幌から高速を使わないで、国道でも1時間ちょっとなので、近所の公園に来たような感覚です…そう感じるのは僕だけ?(^^;

 

小樽市総合博物館・本館は、北海道の鉄道発祥の地・手宮にあって、旧手宮線・手宮駅の跡地が博物館の敷地になっています。

ここは青少年科学技術館としての機能も含まれ、プラネタリウムもありますが、元々が鉄道記念館だったので、鉄道博物館としての役割が中心の施設となります。

(本館の他に運河館もあります。) 

 

かつて北海道を走った様々な車両が展示されているので、北海道だけではなく、全国からも鉄っちゃんが訪れる聖地でもあります。

僕(TAKEHIRO)も、かつては鉄っちゃんだったので、ここは本当にワクワクします。また、昔に乗った車両が展示されてるので、懐かしさもこみあげてきます。

 

子どももすごく楽しめる場所だと思いますので、小さいお子さんがいるファミリーには、特におススメしたいスポットです。入場料もお手頃ですよ。

 

小樽市総合博物館の本館に…イン!

 

f:id:horitaro:20180418220328j:plain

こちらが博物館の建物です。かなり立派です。

強烈な逆光だったため、画像にゴーストが…(-_-;)

 

f:id:horitaro:20180418220419j:plain

ここで入場券を買って入ります。駅そのものですよね。

 

f:id:horitaro:20180418220435j:plain

出発進行!ここではコスプレ?も出来ますよw

他に誰もいなかったし…

 

入ってすぐに、SL「しづか号」がドーンと展示してあります。

ちょっとだけUSJのハリーポッターのような感じ?

 

f:id:horitaro:20180418220459j:plain

昔の蒸気機関車ってオシャレですね!さすがはメリケン製。

しづか号は、北海道で最初の鉄道・幌内鉄道(旧手宮線と函館本線)が誕生して4年後に製造されました。

これが小樽を走っていたとは…とてもハイカラですね。

 

f:id:horitaro:20180418220650j:plain

しづか号の車内。レトロだけど格好いい。

 

f:id:horitaro:20180418220517j:plain

一等客車「い1号」

 

f:id:horitaro:20180418220617j:plain

い1号の車内。格調のある雰囲気です。

 

f:id:horitaro:20180418220711j:plain

開拓使号客車…の模型。

 

f:id:horitaro:20180418220740j:plain

初めて蒸気機関車が走る光景。模型の完成度が高いです。

 

f:id:horitaro:20180418220757j:plain

鉄道の工事現場を模型で再現。

写真で見ると、模型とは思えないほどリアルですね。

 

幌内の石炭を、鉄道で小樽に運んで船に積む。

その後の小樽はもうボロ儲け状態だったでしょう。

それがロマンあふれる小樽にしたんですよね。きっと。

 

2Fの科学展示室で不思議体験!?

 

2Fの科学展示室では不思議な体験もできます。

 

f:id:horitaro:20180418220821j:plain

こーんなにブヨブヨになっちゃいました~!

という体験もできます…怖いね。

 

f:id:horitaro:20180418220846j:plain

こんなものも見れます。

他にもいろいろありますが、なにやら不調なものもあるのはご愛敬です。

 

鉄にとっては屋外車両展示がメイン?

 

なんと!つい先日まで、車両がブルーシートに覆われていたという…しかも屋外展示車両の見学は4月28日から…えっ?(゚Д゚;)

 

今年の夏期営業は4月28日(土)からです。

4月27日(金)までの冬期営業期間中は

屋外展示車両がごらんいただけませんが、

4月28日からは屋外展示車両の見学ができるようになります。

 

小樽市総合博物館本館…屋外展示車両シートはずし体験(4/14・15) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

 

普通に見ちゃいましたけど…怒られることもなく…(;^_^A

だから入場料が100円安かったんだ…

 

博物館から普通に屋外に出れたので見ちゃいました。

冬季料金で見れてラッキー!ということにしておきましょう…

 

ただし、車両には鍵がかかっていたので、中には入れませんでした。

きっと、夏季営業日には中にも入れるのでしょう。

 

f:id:horitaro:20180418220910j:plain

この姿を見るだけでワクワクしますよ~! 

 

f:id:horitaro:20180418220946j:plain

食べちゃうぞぉ~!

DD14形…除雪用ディーゼル機関車です。

 

f:id:horitaro:20180418221004j:plain

機関車庫と転車台です。

 

f:id:horitaro:20180418221030j:plain

現金輸送車のマニ30形(左)とオハフ33(右)。

40年ほど前はブルーの客車がまだ普通に走ってて、普通に乗ってました。

 

f:id:horitaro:20180418221054j:plain

DE10形ディーゼル機関車。これはまだ走っているような? 

 

f:id:horitaro:20180418221116j:plain

キハ82形は実に美しい!大好きでした。何回か乗りました。

特急北海は、札幌~函館間を、小樽、倶知安経由で走った特急でした。

千歳・東室蘭経由の特急に比べて勾配がきついため、時間がかかりました。 

 

f:id:horitaro:20180418221142j:plain

キハ22。これもいっぱい走ってました。これも乗りましたよ。

 

他にもまだまだ車両があるんですが、とりあえず僕が好きなものだけ紹介しました。

あとは、現地で見てね~~♪ (゚Д゚)ノ

 

入館料・開館時間・アクセス

 

開館時間:9:30~17:00。休館日:毎週火曜日・年末年始。

入館料金:中学生以下無料・一般は400円(夏季)300円(冬季)・高校生および市内在住70歳以上の方は200円(夏季)150円(冬季)など。

無料駐車場は正面入口に150台分あります。

 

 

詳しくはこちら↓で

小樽市 :小樽市総合博物館

 

バスは小樽運河や小樽駅前から中央バス(おたる水族館行)が出ています。

http://www.chuo-bus.co.jp/city_route/course/common/images/pdf/otaru_sansaku.pdf

 

 




TOPページへ戻る